お墓を購入する時には必ず永代使用料を支払う

霊園を適当に選んでいる人はいないと思いますが、それでも交通便の良さだけで選んでいる人は多いことでしょう。
どんなに近所の霊園でも、霊園選びをする時にはいろいろと確認をするべきことがあるのです。 永代使用料は土地そのものを購入するワケではなく、使用をする権利を買うこととなります。
また、霊園の中には「永代」と言いながらも50年後には更新料が発生してしまうようなシステムのところもあるので確認をしておきましょう。
公営墓地や民営墓地におきましてお墓を購入する時には、必ず永代使用料を支払うこととなります。
この永代使用料というのは、あくまでも土地の使用権利として必要となる費用となりますので覚えておいてください。

 

霊園の永代使用料には相場価格というものがある程度決まっています。
これは地域によって異なっていますが、1m2前後の区画につき50〜130万円程度は必要となります。

別れさせ屋
別れさせ屋の紹介
http://renai-kobo.com/



お墓を購入する時には必ず永代使用料を支払うブログ:19/02/11

読者様は、8時何を飲みますか?

「目覚めのコーヒー!」という声が聞こえそうですが…
あたしは日本茶が大好きで、
菓子パンを食べてもお茶を飲んでいるんです。
ちょっと変かしら? 
 
もちろん紅茶やコーヒーも飲みますよ。
でも日本茶は飲まない日がないくらい、
一日に何杯も飲んでいます。

2週間前、お仕事でご一緒した静岡出身の方に伺ったら、
どんな日でも8時起きたら、まずは日本茶を1杯飲むんですって。

まずは1杯のお茶で体質を目覚めさせ、
それから何かをクチに入れて出勤されるとか…

昔から
「8時茶はその日の難逃れ」とか
「8時茶に別れるな」
「8時茶は三里行っても飲め」
「8時茶は七里帰っても飲め」…など
8時にお茶を飲む教えって、
日本にはたくさんあるんですよね。

お茶に入っているカフェインで頭をすっきりとさせ、
一日が気持ちよくスタートできる…

そうすると、その日一日仕事もはかどり、
面倒なく過ごせるということです。

お茶を使った言葉でもう1つ…
「へそで茶を沸かす」
なんか笑っちゃう言葉でしょう? 
腹がよじれるくらいに笑う、
おかしくてたまらないことなんですよね。

お茶にまつわる言葉がたくさんあるように、
日本人には馴染み深い飲み物、それがお茶なんですね。

ペットボトルのお茶が出回っても、
心も体質も癒してくれる
あの独特の香りと爽やかさはなかなか味わえません。

お茶の入れ方がわからない人もたくさんいるとか…
難しい作法があるわけではありません。
忙しい日々でも、
おいしいお茶を飲んで、ホッと一息いれてみましょうよ!