日本全国で外国産の石を使ったお墓が一気に増えてきた

大きな買い物の一つであるお墓を購入するためには、その前に霊園を探さなければいけません。
「霊園なんてどこでも構わない」なんてことはなく、利便性を考えて、その他価格面などを考慮しなければいけないのです。 外国産の石のお墓が増加してきた原因、中国でのお墓の加工技術の進化と流通の発達が大きく影響しています。
中国での加工技術の進歩によって、日本国内では大変高価であった、複雑な石の加工がより手軽にすることが出来るようになったのです。
最近におきましては日本全国で外国産の石を使ったお墓が一気に増えてきました。
とある統計によりますと、日本国内のお墓の8割以上が、外国産の石で作られているお墓のようです。

 

現在では、お墓用の中国産の石以外にも、インドや南アフリカ、そしてーロッパなどが多くなっています。
また日本の石の一部までもが、中国でお墓に加工されており、日本に逆輸入されるケースが多いのです。

ホスティング
ホスティングはここ
http://cloudpack.jp/service/plan/s3-hosting.html



日本全国で外国産の石を使ったお墓が一気に増えてきたブログ:18/08/04

シェイプアップをして体重を落としたとしても、
からだのエネルギー代謝が悪いままだと、
また以前と同じ体型に戻ってしまうということも…

エネルギー代謝を高める方法の一つに、
からだを温める働きを持つ食材を
積極的に食べるという方法があります。

食材には、
からだを冷やす食材とからだを温める食材があります。

例えば…
冬に豚汁を飲むとからだが温まりますよね。
温かいものを食べたということもありますが、
北の方で取れる食材や、冬に取れる食材は
からだを温める働きのあるものが多いんです。

北の方は寒いので、
からだが温まるものを取り入れるということは
自然な成り行きです。

反対に、夏の暑い時期や南国では、
暑いからだを冷やすために、
冷たい食べ物を多く食べるということになりますので、
食材もそうしたものが多いのです。

まとめてみると…
・北の方や寒い季節に取れるものにはからだを温める食材が多い
・南の方や暑い季節に取れるものにはからだを冷やす食材が多い
…ということになります。

次に見た目ですが、
見た目が温かそうなものがからだを温める傾向があり、
冷たそうな色に見えるものはからだを冷やす傾向があります。

白砂糖や大根、白菜、なしのように白い食材は
からだを冷やすものが多いですが、
にんじんやかぼちゃのように温かい色は、からだを温めることが多いです。

こうした見分け方はあくまでも一例ですので、
全ての食材に当てはまるとは限りません。
にんにくは夏にできて色も白いですが、からだを温める食材ですし、
にんじんやカボチャは夏にできますが、からだを温めますよ。