石材の量が増えますと当然のことながらその分金額が上昇

石材の量が増えますと当然のことながらその分金額が上昇



石材の量が増えますと当然のことながらその分金額が上昇ブログ:14/03/10


おいらは人に近づくことがすごく苦手なタイプです。
小さい頃から友達を作ることが苦手でしたし、
転校など環境が変わるといつも孤立してしまいました。

好きな人が出来ても近づけない…
彼氏に上手く自分を表現できない…
会社の上司にも距離を感じてしまう…
大人になれば親とも何かしら距離を感じる様になる…

どうしておいらは
いつもいつも人との距離に悩み苦しんでいるんだろう?
どうして人と人の間には距離が出来てしまうんだろう?

そんなおいらには
現在二歳になるムスコがいます。
ムスコにも近所の友達や
公園での友達が出来てきました。

だけど彼らを見ていると
人と人との距離なんて、感じている様は見えません。
もちろんおいらや妻に対しても、いつもあるがままでいます。

お父さんやお母さんだけでなく
道で出会う見知らぬおばさんにも微笑みかけています。
ムスコはまだ人との距離をちっとも感じずに暮らしているのです。

ずーっと昔の自分を思い返せば、
おいらにもそんな時代があったような気がします。

お母さんに連れられ街を歩いていても、
電車に乗っても、バスに乗っても、
周りの大人は皆んな優しく微笑みかけてくれている。
そんな風に感じていた頃がありました。

何か困った事があったら誰かが助けてくれるし、
泣いていたら誰かが駆けつけてくれる。
デパートの店員さんはいつも笑っている。

その頃、おいらは周りの誰とも距離を、
感じてなかったように思います。
どこに行っても
ありのままの自分でいられた様に思います。

そして街にも電車の中にもお店の中にも、
優しい人しかいない様に感じて生きていました。

でも…
大人になった今、街角はおろか、
一緒に暮らしている大切な妻やムスコにも
距離を感じることすらあります。

なぜなんでしょう?

石材の量が増えますと当然のことながらその分金額が上昇

石材の量が増えますと当然のことながらその分金額が上昇

★メニュー

霊園を選ぶ時に特にご注意しておきたいのが「供養の期限」
お墓の方角についてはいろいろな説が言われています
お墓参りを簡単に気軽にすることが可能な距離かどうかが重要
お墓として使用していくための土地の権利を霊園の管理者か買う
和型の中で最もポピュラーとなっているのが「和型三段」
日本全国で外国産の石を使ったお墓が一気に増えてきた
お墓を購入する時には必ず永代使用料を支払う
石材の量が増えますと当然のことながらその分金額が上昇
墓石を建墓する際に霊園が指定をしている石材店の時もある
地方自治体において管理と運営をしている墓地のことを公営墓地


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)要チェックの正しい霊園セレクト