お墓参りを簡単に気軽にすることが可能な距離かどうかが重要

お墓参りを簡単に気軽にすることが可能な距離かどうかが重要


お墓参りを簡単に気軽にすることが可能な距離かどうかが重要
どんなにアクセス性の良い霊園だったとしても、適当な管理状況である霊園では後々後悔してしまいます。
大切な霊園だからこそ、お墓参りに行きやすく、さらにしっかりと管理をしてくれる場所を選ばなければいけないのです。 霊園選びは電車で行く場合と車で行く場合、そしてバスで行く場合を考えて、大きな負担が発生しないようにしましょう。
駅、またはバス停が霊園の近所にあると便利にお墓参りをすることが出来ます。
家族にとりましてお墓参りを簡単に気軽にすることが可能な距離かどうかが重要なこととなります。
このことから霊園選びをする際には、まず最初に交通の便の良さを考える必要があるのです。

お墓参りに車で行くことを考えた時に、駐車場とお墓の距離、そして駐車場からの道のりの勾配なども確かめておきましょう。
最近では霊園や墓地は広大なところが多くなっており、車を降りてからかなり歩かなければいけないケースがあるのでご注意ください。




お墓参りを簡単に気軽にすることが可能な距離かどうかが重要ブログ:19/02/19

今日から学校のプールが始まる!

「いってきます」の声を玄関に残したまま
むすめは駆け出していった。

重いランドセルを背負いながらも踊るように出かけたむすめは
よほどプールを楽しみにしていたのだろう。

しかし帰って来たときの
「ただいま」は蚊の鳴くような声だった。

どうしたのか聞くと、どうやら着替えの時、
両方のヒップの中央にあるえくぼのようなくぼみを
友達に笑われたらしい。

父母からの遺伝子は変なところまで類似を作る。
何を隠そう、ボクのヒップにもそのえくぼがある。

ボク自身はそのえくぼを気にしたこともなかったのだが、
むすめは今にも泣き出しそうな様子だった。

「ママとおそろいよ」となだめすかしたが…

「他は全部ママと同じがいい。だけどおしりだけはいや!」と強情だ。

その話はむすめは納得しないままだったが、
数日経って、ボクのほうはすっかり忘れてしまった。

そのまま夏休みに入り、
ボクはむすめを連れて実家に泊まりに行った。

あの厳格な父が孫の顔を見ると
顔中をしわくちゃにして喜ぶ。

むすめは「おじいちゃんとお風呂に入る」と
風呂場へ駆け出した。
しばらくすると、風呂場から二人の大きな笑い声が聞こえてきた。

のぞいてみると、二人は泡だらけで互いのヒップを見比べている。
「ママ、おじいちゃんにもあった、あったよ!」

なんと、生まれて初めて見た父のヒップに
えくぼが二つ行儀よくならんでいるではないか!

むすめは
「おじいちゃんとママとわたしが繋がってる証拠なんだね」と言いながら、
嬉しそうに父のヒップのえくぼを触っていた。

むすめの発見で三人で大笑いするとともに、
ボクは確かにこの年老いた父のむすめだったんだと、
なんだか少しジーンとしてしまった。
お墓参りを簡単に気軽にすることが可能な距離かどうかが重要

お墓参りを簡単に気軽にすることが可能な距離かどうかが重要

★メニュー

霊園を選ぶ時に特にご注意しておきたいのが「供養の期限」
お墓の方角についてはいろいろな説が言われています
お墓参りを簡単に気軽にすることが可能な距離かどうかが重要
お墓として使用していくための土地の権利を霊園の管理者か買う
和型の中で最もポピュラーとなっているのが「和型三段」
日本全国で外国産の石を使ったお墓が一気に増えてきた
お墓を購入する時には必ず永代使用料を支払う
石材の量が増えますと当然のことながらその分金額が上昇
墓石を建墓する際に霊園が指定をしている石材店の時もある
地方自治体において管理と運営をしている墓地のことを公営墓地


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)要チェックの正しい霊園セレクト