お墓として使用していくための土地の権利を霊園の管理者か買う

お墓として使用していくための土地の権利を霊園の管理者か買う



お墓として使用していくための土地の権利を霊園の管理者か買うブログ:15/06/05


わしのパパは、優しくてすごく頼りがいのある人です。
少なくとも、わしにはそのように感じていました。

わしは、
パパのようにならなくてはならないと思っていたのかもしれません。
もしかしたら、わしが、
パパにようになれと言われてきたのかもしれません。

でも、そんなわしを試すかのように、
何度となく自分自身を情けなく
女々しくさせるようなことが起こりました。

そして、
「こんなわしでもいい?」というかのように、
パパの前で何度も、
そんな情けないわしを見せてきました。

出社拒否なんか、まさしくそうでした。

パパは、
「そんなときもあるよ…」
といってくれるのですが、
わし自身はそれを認めないんですよね。

「そんなこといってるけど、本当は怒ってるよね?」
と、自分自身が問いかけていたような気もします。

自分自身で認めたいけれど、それができないから、
パパに認めてもらうことで納得したい、
許してもらいたいというのがあったと思います。

そして、それを試すようにいつまでも
ウジウジと女々しい自分を
パパに見せたりしてたような気もします。

そして、
パパが怒り出したら、
「ほら、やっぱり」って、
こんなわしじゃダメだよねって思ったりしてたんですよね。

こんなことは建設的じゃないと思うんですが、
わしは何か新しいことを始める時に出てくる
パターンになってしまっていました。

そして、その自信のない自分を満たしてもらいたいという感情は、
両親とお子さんの関係だけでなく
旦那と妻の関係でも、
このパターンが出てきたりするんですよね。

そんなとき、こんな情けない自分でもOK!を出せれば、
すごく楽になるんだと思うんですよね。

お墓として使用していくための土地の権利を霊園の管理者か買う

お墓として使用していくための土地の権利を霊園の管理者か買う

★メニュー

霊園を選ぶ時に特にご注意しておきたいのが「供養の期限」
お墓の方角についてはいろいろな説が言われています
お墓参りを簡単に気軽にすることが可能な距離かどうかが重要
お墓として使用していくための土地の権利を霊園の管理者か買う
和型の中で最もポピュラーとなっているのが「和型三段」
日本全国で外国産の石を使ったお墓が一気に増えてきた
お墓を購入する時には必ず永代使用料を支払う
石材の量が増えますと当然のことながらその分金額が上昇
墓石を建墓する際に霊園が指定をしている石材店の時もある
地方自治体において管理と運営をしている墓地のことを公営墓地


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)要チェックの正しい霊園セレクト