お墓として使用していくための土地の権利を霊園の管理者か買う

お墓として使用していくための土地の権利を霊園の管理者か買う



お墓として使用していくための土地の権利を霊園の管理者か買うブログ:17/04/10


「元気に楽しく暮らすために、介護サービスがあるんですよ」
ケアマネージャーさんの言葉は、正直に言えば、絵空事のように聞こえた。

当時、親父は76歳。
腎臓疾患のため、一週間に2回の人工透析に通っていた。

年齢のためか足の衰えが目立つようになり、
家の中でも杖を使うようにしていたが、
それでも転んでしまうことさえあった。

そんなとき、心配した主治医の先生から
「介護サービスを検討してみては?」と、アドバイスがあった。

親父はデイケアを利用することになった。
「男は寡黙が一番」と、
人づき合いが苦手で、頑固で偏屈、細かいことが大嫌いな親父。

活動メニューにある
「ちぎり絵」や「レクリエーション」などになじめるだろうか?
他の利用者とうまくやっていけるだろうか?
かえって、ストレスをためることになりはしないか?
…不安だらけだった。

しかし、
親父はケアマネージャーさんの言葉を自分なりに消化し、
励みとしたようだ。
あたくしの心配をよそに、介護を積極的に受け入れたのだ。

そして親父は、孫たちの先生になった。
あたくしたちは、親父も含めて3世代同居の家庭で、
親父にとっての孫が2人いる。
デイケアから帰ると、そこで習ったことを一生懸命に孫に教えはじめたのだ。

孫は、親父の帰りを楽しみに待つようになり、
親父も孫に教えるため、デイケアでの活動に積極的に取り組む…

あたくしはホッとするとともに、親父の変化に恐れ入った。
親父はきっと、大きな意識の変換をしたのだろう。
介護という環境に身を任せるのではなく、自分から関わる親父。
身体の衰えを、意識の変換で受け入れる親父。

「元気に楽しく暮らす介護」という
ケアマネージャーさんの言葉は、本当だった。
親父の姿に、それを教わった気がする。

お墓として使用していくための土地の権利を霊園の管理者か買う

お墓として使用していくための土地の権利を霊園の管理者か買う

★メニュー

霊園を選ぶ時に特にご注意しておきたいのが「供養の期限」
お墓の方角についてはいろいろな説が言われています
お墓参りを簡単に気軽にすることが可能な距離かどうかが重要
お墓として使用していくための土地の権利を霊園の管理者か買う
和型の中で最もポピュラーとなっているのが「和型三段」
日本全国で外国産の石を使ったお墓が一気に増えてきた
お墓を購入する時には必ず永代使用料を支払う
石材の量が増えますと当然のことながらその分金額が上昇
墓石を建墓する際に霊園が指定をしている石材店の時もある
地方自治体において管理と運営をしている墓地のことを公営墓地


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)要チェックの正しい霊園セレクト