お墓として使用していくための土地の権利を霊園の管理者か買う


お墓として使用していくための土地の権利を霊園の管理者か買うブログ:14/08/14


おととい、小学生の娘が、
「うちのおじいちゃんって、ふつうのおじいちゃんとなんか違うよね…」
申し訳なさそうに、小さな声でぼくに囁いた。

「ふつうの」という表現に、
ぼくは吹き出しそうになりながらも、
その理由を尋ねた。

娘は少し間をおいて答えた。
「だって、悪いことをしたら目を三角にして怒るし、
謝るまで絶対に許してくれないもん」
「ふつうのおじいちゃんたちは、そこまでマジにならないしね…」
と畳み掛けてきた。

確かにぼくのパパは、
大きな肉体に仁王様のような鋭い眼光で、
一見他を寄せ付けない雰囲気を醸し出している。

七十歳を前にして体力が衰えてきたとはいえ、
その風格は昔となんら変わりはない。
そんなパパを、娘たちもまた一線を画して見ていたのだ。

ぼくは自分が息子だった頃のパパを思いだした。
厳しく、寡黙なパパだった。

筋の通らないことをしようものなら、
容赦なく大きな平手が飛んできた。
ぼくは無性に怖かった。

でも一方で、そんなパパを誇らしく思う自分がいた。
それは、言動の端々に
パパの人情深い側面を見ていたからかもしれない。

こんなことがあった。
かつて消防署員であったパパが
救助活動を終えて帰宅した時だった。

タバコをもみ消すしぐさに、
パパのいらだちがみてとれた。
しばらくして、パパはその理由を言葉少なに語り始めた。

洪水で溺れかけていた親子の救助に向かい、
息子を救おうと手を差し出した時だった。

「ぼくを先に助けて」と叫びながら、
ママが息子を押し退けて
ボートにしがみついてきたのだという。

「残念だ」
一呼吸おいて、パパはひとこと言った。

いざという時にこそ、
身を挺して息子を守るのが親ではないのか…
そんな義憤が聞こえてくるようだった。