和型の中で最もポピュラーとなっているのが「和型三段」

霊園や墓地などといった場所は、私達日本人にとりまして非常に重要な場所となるので注意をしなければいけません。
理想的な霊園を見つけるためには、霊園の基礎知識を覚えて、後悔しないことが大切なのです。 和型の中で最もポピュラーとなっているのが「和型三段」と呼ばれている日本独特の仏教的墓石です。
石を二段重ねている上に棹石を乗せた形であり、棹石は仏教では「仏石」とも呼ばれ、釈迦を表す聖なる石とされているのです。
現在の和型の墓石というのは、仏教の教義を象徴させている仏舎利塔や五輪塔などといった簡略したタイプが多くあります。
この傾向というのは江戸時代中期以降に、庶民がお墓を建てるようになってきたことから、全国的に広く普及してきた形となります。

 

神式の墓石は仏式と同様に、角柱型を基本とした形となっています。
台石に乗せる棹石は上に向かって細くなっており、上部は角錐型のタイプが多いのが特徴です。



和型の中で最もポピュラーとなっているのが「和型三段」ブログ:19/02/19

私は子供の頃、音痴と言われ、
歌の恐怖症になった。

「蛍の光」「仰げば尊し」「君が代」に至るまで、
私は歌ったことがない。
みんなの歌声に合わせて、クチをパクパクさせるだけだ。

コンプレックスはとうに通り過ぎ、
私は歌うこと自体が恐ろしかった。

そんな私に小学生の孫娘が言う。
「私、おばあちゃんの歌、聞いた事がない」

胸がドキリとした。
私は話を逸らそうとしたが、そうはいかない。

「あばあちゃん、何か歌って」と何度もせがむ。
どうしても、私の歌を聞きたいらしい。

旦那も娘も、私が絶対に歌わないことを知っている。
だが孫のためなら何でもする私…
固唾を呑んで、成行きを見守っている。

…歌ってあげたいが歌えない。
切ない思いで「今日はごめんね、練習しておくから」と逃げた。

「ホントに練習しといてね」
孫娘はクチをへの字にして、がっかりしていた。 

私は、
これまでカラオケに誘われても行ったことがない。

ところが、
ある飲み会の後、強引に連れて行かれた。
クチにマイクを押し当てられるものの、声が出ない。
ただ、ひたすら聞くだけだ。面白く無い…
やっぱり来なければ良かった。

その時、ふと思った。
ここに居る、あの人も、この人も、
大して上手いとは思えないが平気で歌っている。

あの天真爛漫さ、勇気は何処から湧いて来るのだろうか。
羨ましい…私もあんな風に歌ってみたい。

私は本当に音痴なのだろうか。
子供の頃、どんな歌を歌って音痴と言われたのかは記憶にない…

ただ「音痴」と言われた言葉だけが、脳裏に焼き付いている。